任天堂はなぜ新ゲーム機開発にぐずぐずしているのか…ソニー・MS恐れない理由 | Joongang Ilbo | 中央日報


ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.16 08:11

プレイステーション、Xbox(エックスボックス)、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)。

世界のコンソールゲーム市場を三分しているゲーム機だ。プレイステーションは日本のソニー、エックスボックスは米国のマイクロソフト(MS)、スイッチは日本の任天堂で作っている。

11月にコンソールゲーム界は分岐点を迎えた。ソニーとMSが7年ぶりに次世代ゲーム機をそれぞれ出したためだ。ソニーはプレイステーション5、MSはXboxシリーズXだ。華麗なグラフィック、速い処理速度、独占ゲームなどを掲げる。

発売から1カ月が過ぎてもこれらのゲーム機はすべて韓国をはじめとした世界市場で興行突風を起こしている。

それではスイッチは?

ライバルが先を行くのに任天堂は何を考えているのか。次世代スイッチ? はまだ出ていない。もちろん任天堂もやはり2021年か2022年に次世代ゲーム機を出す可能性が大きい。だがすぐに次世代機情報を流したりして広報するつもりはまったくないようにみえる。うわさばかりにぎやかで、任天堂の公式立場はない。当面は現在のスイッチで持ちこたえられると考えているようだ。

こうした余裕はどこから出てくるのか。スイッチが2017年に発売されまだ次世代機の発売は早いとみるか? プレステとXboxとは違い、スイッチは携帯用ゲーム機でターゲット顧客が違うと考えるのだろうか。だがそれよりさらに確実に信じているものがあるようだ。

中国だ。

ブルームバーグの分析だ。10日に報道した「中国はプレステ・Xboxとの戦争で任天堂が持つ秘密兵器」という見出しの記事を通じてだ。

スイッチの中国市場での成績を見れば推し量れる。スイッチが中国市場で正式に発売されたのは昨年12月だ。ところが1年間に中国で売れたスイッチは公式市場と闇市場を合わせて130万台ほどと推定される。同じ期間にソニーのプレステ4、MSのXbox Oneの販売台数を合わせた数の2倍だ。ブルームバーグは「世界最大のゲーム市場である中国でスイッチは遅く市場に参入したが競合機器との戦争でリードしている」と評価した。

ブルームバーグはまた、専門家の話として「中国のコンソール市場は2024年に215億ドルで昨年の2倍規模に大きくなるだろう。こうした需要を活用することが任天堂が現在のスイッチの販売寿命を延ばす主要原動力になれる」と分析した。

中国のコンソールゲーム興行は古いものではない。青少年のゲーム中毒を懸念した中国政府は10年以上にわたりコンソールゲーム機の販売を禁止した。そのため中国ではモバイルゲームが独走体制を構築した状態だ。ただコンソールゲーム需要がなかったのではない。密かに海外で購入してコンソールゲームを楽しむ中国人ゲーマーは多く、市場規模も着実に成長した。

こうした流れに目を付けた会社がある。

テンセントだ。この会社はどこなのか。中国最大のゲーム企業だ。任天堂と合弁でスイッチの中国販路開拓に積極的に乗り出した。政府を説得し販売許可を得た。それだけではない。自社のネットワークを活用して中国全域にスイッチを積極的に流通させた。自社のスタジオを活用してスイッチの中国内デジタルストアの興行を牽引し、自社が持つウィーチャットでスイッチのソフトウェアを手軽に決済できるようにした。

これを基盤に「リングフィットアドベンチャー」「スーパーマリオオデッセイ」などのようなスイッチの代表ゲームが中国でそれこそ大ヒットとなった。中国ゲーム業界大手の手助けがなかったとすればスイッチの成功はなかった。11月11日の光棍節にもテンセントはスイッチの割引イベントを大規模に行った。モバイルゲームで成長したテンセントが競合業界(?)であるコンソールゲームの興行をなぜ牽引するのか。

魂胆がある。任天堂が持つキャラクターブランドを活用して自社ゲームの興行を模索する。任天堂のポケモンブランドを活用してスイッチとモバイル用ゲームを作っている。エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリストは、「任天堂のキャラクターは中国でもよく知られ、市場とも相性がよい。ソニーやマイクロソフトに比べると、任天堂は中国市場での覇権に一番近いところにいる」と話した。

成長する世界のコンソール市場がもっと大きい目的だ。ゲーム市場の領域破壊が来るだろうとみてコンソール市場も自分たちが攻略すべき所とみたのだ。このため業界で専門分野に強い任天堂をパートナーとしただけだ。テンセントの広報担当はブルームバーグに「ビデオゲーム事業を通じて任天堂が持つ(コンソールゲームと関連した)高級ノウハウに対する深い理解を得た」と話した。

そうでなくとも華麗なグラフィック、発展したゲーム性を掲げてコンソール市場に参入する意向を示す中国のゲーム企業が相次いで登場している。スイッチの中国市場興行とテンセントの積極的な動き、韓国のゲーム業界はこれをどのようにみるべきだろうか。

Related Articles

IKEA × ROGのゲーミング家具が2021年5...

今や様々なメーカーがゲーミングデバイスを発売...

Wasteland Lordsのレビューと序盤攻略...

核で汚染された世界で生き残る術を探そう...

Why Scarra Makes Female C...

Clip from OfflineTV Pod...