カプコン「バイオハザード7は発売から約4年経った今でも年間100万本以上出荷されています」 –

0
99

カプコン「バイオハザード7は発売から約4年経った今でも年間100万本以上出荷されています」

モンスターハンターの可能性とバイオハザード25周年を語る。

 2021年の新作ゲームの発売状況は,ビジネスアナリストとしての豊富な知識を駆使して言えば,有体に言ってゴミようなものだ。COVID-19が少なからず影響していることは間違いないが,新しいゲーム機の発売やNintendo Switchの記録的な売上のあとでは,確かに残念なことだ。

 しかし,年明け早々,AAA作品がまったく出ないわけではない。Hitmanやマリオの再販があり,PlayStationの新規IPやポケモンのスピンオフ作品も控えている。そして,今後2か月間に発売される最大のゲームのうち2つは,同じ会社のものだ。そう,カプコンだ。

ユーザーや売上の自然な増加が,壊滅的なパンデミックの結果であるというのは必ずしも喜ばしいことではありません -浦田樹一郎氏,カプコン

 1つめは,Nintendo Switch専用ソフトのモンスターハンター ライズだ。今週発売されるモンスターハンター ライズは,ちょっと予想しづらいゲームだ。モンスターハンターは,任天堂のプラットフォームで絶大な人気を誇っているが,その売上は主に日本に集中している。前作のモンスターハンター ワールドは欧米でもヒットし,1600万本以上を売り上げてカプコンで最も成功したゲームとなったが,発売されたのは任天堂向けではなく,PlayStationとXboxだった。そのため,疑問を投げかけている。つまり,カプコンは今作で欧米での期待値を下げているのだろうか? 

 「カプコンのEMEA・UKマーケティングディレクターのAntoine Molant氏は,「そんなことはありません」と断言する。「Switchのインストールベースを見てください。これは純粋なサクセスストーリーであり,まだまだ多くの可能性を秘めています」

 欧州COOのStuart Turner氏はこう付け加える。「我々は,モンスターハンター ライズをこの地で成功させるために,任天堂ヨーロッパと緊密に協力しています。過去にモンスターハンター ワールドで得た大成功は,Nintendo Switchの熱狂的なファンにも伝わると確信しています」

モンスターハンター ライズは2021年最初のSwitchの大型新作ゲームだ
カプコン「バイオハザード7は発売から約4年経った今でも年間100万本以上出荷されています」

 カプコンの2つめの大きなゲームは,5月のバイオハザード ヴィレッジだ。ここ数年,バイオハザードブランドは好調で,ヴィレッジは新型PlayStationおよびXbox向けの最初の大型サードパーティゲームの1つだ。しかし,他のゲームと同様に,新しいゲーム機では,両機種のインストールベースが比較的小さいという事実に対処する必要がある。

 「バイオハザード ヴィレッジは,広く普及しているPlayStation 4や Xbox One,そしてPCでも発売されることを忘れてはいけません」とMolant氏は語る。「内部的には,プレイヤーがどれだけ早く移行するか,それに関連して,ハードウェアの入手可能性や今後の供給がどのようにサポートされるかに結びついているため,予測の内訳が最も難しいところです」

カプコン ヨーロッパCEO 浦田樹一郎氏
カプコン「バイオハザード7は発売から約4年経った今でも年間100万本以上出荷されています」

 Turner氏はこう付け加える。「我々は過去数年間の自社の販売実績から,自社製品が5年,あるいは10年以上にわたって売れることを知っています。ヴィレッジは,必ずしも新しいプラットフォームのユーザーを追い求めるものではなく,消費者の皆様がゲームを体験したいと思うプラットフォームを選択できるようにするものです。それがPS5であれ,PS4であれ,Xbox Seriesであれ,Xbox Oneであれ,PCであれ,現時点であれ数年後であれ自由に選択できます。無償で家庭用ゲーム機版のアップグレードを提供しているのは,バイオハザード ヴィレッジを体験していただくためには,将来の計画やアップグレードのタイミングを考慮して難しい選択をする必要はないと確信しているからです」

 カプコンにとって,年明けの繁忙期は珍しいことではない。前世代の大型タイトルの発売は,そのほとんどが最初の半年間に集中している。伝統的な第4四半期のクリスマス商戦の時期に,カプコンが何か重要なものを発売しようとすることは非常に稀だ。

 「ホリデーシーズンにゲームを発売することは,カプコンにとって最も重要な戦略ではないと考えています」と欧州CEOの浦田樹一郎氏は語る。「閑散期に新作を発売することで,カプコンファンは混雑を避け,当社のゲームを楽しむことに集中できるようになります。そこから,シーズンごとに効果的な価格プロモーションを行い,幅広い層に最適なものを提供していきたいと考えています」

 Turner氏は,ゲームをいつ発売するかは以前ほど重要ではないと付け加える。「以前は,発売時期を見つけて,年末の慌ただしい時期以外に,タイトルが息を吹き返して独自の存在感を示せるような期間を与えることに重点を置いていました。初日の売上は,我々とすべての販売パートナーにとって,今でも非常に重要です。しかし,過去5年,10年の間にだんだん明らかになってきたのは,業界のデジタル化によって,製品のライフサイクルが無限に延長されたということです。もはや,最初の数週間から数か月間の売上や,急速に縮小する棚のスペースを他の何十万もの作品と奪い合うこともそれほど重要ではなくなっているのです」

バイオハザード 7は,発売から4年が経過した現在でも,全世界で年間100万本以上の出荷を記録しています -Stuart Turner氏, カプコン

 「我々は,高品質な作品が売れること,そして何年も売れ続けることを知っています。バイオハザード 7は,発売から4年が経過した現在でも,全世界で年間100万本以上を出荷されているのです。さまざまな市場でより長期的な計画を立てることで,プラットフォームの販売促進やブラックフライデーなど,最初の12か月後にはますます重要になる要素を考慮できます」

 カプコンの決算説明会では,「業界のデジタル化」というテーマが何度も取り上げられていた。1月の決算では,デジタル化の進展により好調な業績を記録したが(関連英文記事),昨年の決算では,売上高の80%がデジタル化されており,これを90%に引き上げることを目標としているという(関連英文記事)。この目標を達成するためには,欧州のような多様な地域でさまざまなアプローチが必要だ。

 「非常に異なる国々が広大なネットワークを形成しているEMEA市場では,1つのサイズですべてをカバーするアプローチはありません」とTurner氏は語る。「ブロードバンドインフラの速度が数キロ先で100Mb/sも違い,クレジットカードの普及率や文化の違い,さらには実店舗での販売状況までもが国境を越えて大きく変化する中で,デジタルアプローチに柔軟性を持たせることは非常に重要なことです」

 「より多くのデジタルデータを持つことで,地域ごとの差異をこれまで以上に詳細に把握し,消費者に適した方法ですべての市場をサポートする計画を立て,それぞれのユニークな市場にどのように投資し,サポートするかを開発できます。そうすることで,カプコンのブランドやIPを地域全体で成長させることができるのです」

昨年6月にPlayStation 5と同時に発表されたバイオハザード ヴィレッジ
カプコン「バイオハザード7は発売から約4年経った今でも年間100万本以上出荷されています」

 もちろん,デジタル販売の増加,そして売上全体の上昇を後押ししたのはCOVID-19であり,ゲームメーカー各社は軒並み好調な結果を報告している。

 「ユーザー数や売上の自然増が,壊滅的なパンデミックの結果であるというのは,必ずしも喜ばしいことではありません」と浦田氏は語る。「大切なのは,COVID期間中に購入されたコアなファンやリピーター,新規ユーザーが引き続きカプコンのゲームを楽しんでいただけるよう,この厳しい時期にカプコンの全社員が全力で取り組んでいることです」

 Turner氏はこう指摘する。「欧州各地で膨大な数の従業員が一時帰宅し,ビジネスが壊滅的な打撃を受けている中,多くの人にとって最悪の期間であったにもかかわらず,当社が維持・成長できたことには,感謝しなければなりません」

 「一般的に,このパンデミックの間,Disney PlusやNetflix,ゲームなどに逃避行を求める人が増えています。これらのプラットフォームに共通しているのは,膨大なコンテンツのバックカタログと新作の組み合わせです。確かに,技術やテクノロジーは変化しますが,素晴らしいストーリー,体験,逃避は,コンテンツが12週間前に作られたものであろうと,12年前に作られたものであろうと,常に変わらないのです」

カプコンのAntoine Molant氏とStuart Turner氏

 「カプコンの大きな強みは,常に膨大なバックカタログがあり,その数は約300タイトルに上ると思われることです。この1年で,当社のIPに新規参入する方が非常に増えました。我々の目的は,既存のコアなユーザーに加えて,この新しいユーザーを開拓し,地域全体での成長を拡大することです」

 カプコンは,2つの大型ゲームの発売以外にも,2021年にはバイオハザードの25周年を迎える。今年初めに発表したビデオプレゼンテーションで、同シリーズの計画について語り始めている。その中で,バイオハザード ヴィレッジに登場する “背の高いヴァンパイアレディ “が登場したことが話題となり,インターネット上で大きな反響を呼んだ。このビデオでは,バイオハザードの無料マルチプレイヤーゲームRe:Verseが公開されたほか,Netflixで配信予定のバイオハザード: インフィニット ダークネスが予告された。Molant氏は,映画バイオハザードシリーズのリブート版と合わせて,ファンは多くのグッズを期待していると語る。しかし,大きな焦点はヴィレッジにある。

 「さまざまなことが同時進行していますが,我々の今年の最大の目標は,バイオハザード ヴィレッジを,品質面でもビジネス面でも,最高のバイオハザードタイトルにすることです」とMolant氏は語る。

 バイオハザードシリーズは,ゲーム機の世代としては好調な時期を迎えている。Xbox 360とPS3の時代,バイオハザードは商業的には好調だったが,批評的には賛否両論だった。PS4とXbox Oneでは状況がより安定しており,とくに2017年のバイオハザード 7と2019年のバイオハザード 2のリメイク版は,どちらも売れ行きがよく,レビューも高評価だった。とくにバイオハザード 2のリメイクは大成功で,実際にベースとなったゲームを上回る売り上げを記録した。

バイオハザード ヴィレッジを,バイオハザードの中でも最高の売り上げを残すタイトルにしたいと考えています -Antoine Molant氏,カプコン

 「ファンの皆様のおかげで実現しました。ファンの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。また,バイオハザード 7については,その方向性に一部のファンを驚かせましたたが,最終的には素晴らしい評価をいただきました。発売から数年経った今でも,その売り上げは驚異的です。もちろん,一部のお客様には満足していただけないこともあるでしょう。その声に耳を傾けることは,我々にとって非常に重要なことなのです」

 Turner氏は付け加える。「リメイク版の成功と,それが新しい世代のゲームユーザーに与えた影響を目の当たりにするのは,とても興味深いことです。竹内が率いる開発チームは,ディズニーが古い映画をリメイクするのと同じように,バイオハザード 2とバイオハザード 3を新鮮な気持ちで楽しんでもらいたいと考えていました。今,バイオハザード 2を手にしてプレイしているユーザーは,バイオハザード2が発売された当時,ゲームをプレイしていなかったでしょうし,場合によっては生まれてもいなかったでしょう。しかし,そのコンセプトの核となる部分を,現在のテクノロジーを最大限に活用した構造やデザインで現代風にアレンジし,古い制約を取り払ったことで,より多くの人がこのタイトルにアクセスできるようになったのです」

 「今では18歳から30歳の若者たちが,バイオハザード 2は最高のゲーム体験の1つだと懐かしそうに語るようになりました。このような古典的なタイトルの現代化を懸念する人は常に存在します。私が昔のライオンキングでエルトン・ジョンのサウンドトラックのほうがいいと主張するように。しかし,より多くの人が昔の古典的な作品にアクセスし,楽しみ,体験できるようになることは良いことだと思います」

 バイオハザード,モンスターハンター,ストリートファイター,デビル メイ クライ,レトロタイトル……カプコンはコアブランドに支えられ,成功を収めていた。この1世代の間,カプコンは既存のフランチャイズに完全に依存しており,2012年のドラゴンズドグマ以降,大型の新規IPはなかった。しかし,2023年にXboxとPlayStationの新機種向けにSFゲームPragmataを発売することで,その状況は一変する。

 「カプコンの強みは,そのIPにあります」とMolant氏は語る。「これらは,新しいプラットフォーム,新しいストーリー,キャラクター,設定,技術的な飛躍,同様のアプローチによって,大きく拡張できます。同時に,我々と開発チームは,新しいIPを構築することは,長期的な可能性を開発することだと十分に認識しているのです」

 Turner氏は締めくくった。「我々は,既存のIPに対するプレイヤーからの大きな需要を目の当たりにしており,それをここ数年にわたって実現してきました。とはいえ,現在の開発リソースの状況から,新規IPの開発に着手することができ,ここにいる誰もが,久しぶりの視点にむしろ興奮しています。近年のカプコンにはない,カプコンのコアバリューを保った作品になります」