「Apex Legends」ヒットの立役者の1人、人気VTuberの“渋谷ハル”を独占取材 気になる収入面についても(ABEMA TIMES) –

0
53

【映像】人気VTuber“渋谷ハル”を取材

 この「Apex Legends」大ヒットの立役者といっても過言ではない人物を、『ABEMA Morning』が独占取材。ファンだというテレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが話を聞いた。

 「Apex Legends」をはじめとするバトルロイヤルゲームなどの生配信を行う、渋谷ハルさん。いま大人気のVTuberだ。

 渋谷さんはゲームプレーだけでなく大会の主催者としても活動し、主催する大会では同時視聴数が10万を超える時も。主催者としての活動は「渋谷ハル」をプロモーションするために始めたものだそうで、「バーチャルYouTuberってどうしても宣伝力みたいなものが足りないというか、名前を知ってもらうのがすごく難しい環境なんですよね。その中で大きな祭りを作り上げることによって、主催者の僕の名前を知ってもらえるんじゃないかなっていうのが、実は最初のきっかけ」と話す。

 そして知名度が上がった今では、ファンの人、さらには渋谷さん自身が最高に楽しめる大会を開催することが何よりの楽しみだそうだ。

 現在、YouTubeのチャンネル登録者数は45万人超え。Twitterのフォロワー数も約27万人と、ツイート1つをとっても何かと影響力があるが、当の本人はどう思っているのか。

 また気になるのが、Twitterのプロフィール欄でも自白している「エゴサ(エゴサーチ)魔」だ。

 「理由はいくつかあるんですけど、一番大きいのは視聴者の方が何を考えてるのかなって(わかること)。Twitterでの、僕へのリプライじゃないところに結構本音が出てたりするんですよ。マイナスなワードも引っかかるんですけど、それよりも自分を振り返るきっかけ、自分をさらに良くするきっかけにしたいなって」

 取材前に渋谷さんのことを調べる中で、並木アナにはどうしても聞きたいことがあった。それが「収入」面の話だ。