【週間PVランキング】PS5抽選販売情報が再び1位。ちいかわ一番くじ、『遊戯王 マスターデュエル』リリース、『TERA』サービス終了にも注目が集まる | ゲーム・エンタメ最新情報の

0
127

 ファミ通ドットコムで2022年1月14日~2022年1月20日に掲載した記事の週間ページビュー(PV)ランキングTOP10をお届け。

【1位】
【PS5】ヤマダデンキが抽選販売を実施、応募期限は1月16日。クレジットカードやアプリ登録といった特別な応募条件はなし

【2位】
ガンダム』3作品が日曜アニメ劇場で本日(1/16)19時より連続放送。『ガンダム00 スペシャルエディションII』、『MS IGLOO』“-1年戦争秘録-”第3話、“-黙示録0079-”第1話の3作

【3位】
“ディズニープリンセス”の一番くじが1月22日より発売。アリエルのフィギュアや『美女と野獣』のブランケット、ポーチなどがラインアップ

【4位】
アニメ『電脳コイル』の再放送&一挙配信が決定。磯光雄監督の新作アニメ『地球外少年少女』との描き下ろしコラボビジュアルも公開

【5位】
ちいかわ』一番くじが本日(1月15日)より発売。ちいかわやハチワレのぬいぐるみ、かわいい食器&グラスなど、癒しのアイテムがラインアップ

【6位】
テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!

【7位】
マイクロソフトがActivision Blizzardを買収。CoD、ディアブロ、オーバーウォッチなどのクリエイターがXboxチームに参加。買収金額は約8兆円

【8位】
【FGO攻略】レイド“バルバトス制圧戦”まとめ。おすすめサーヴァントや有効な特攻を紹介【事件簿コラボイベント】

【9位】
遊戯王 マスターデュエル』がニンテンドーeショップ、PS Storeなどで配信開始。サービス開始に向けたメンテナンス中のためプレイはできない

【10位】
TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕

 今週は、ヤマダデンキによるプレイステーション5(PS5)抽選販売が1位を獲得。発売(2020年11月12日)から1年ちょっと経ったいまでも、なかなか入手しにくいPS5。さまざまな店舗で頻繁に抽選販売が実施されていたり、告知なく販売される店舗も増えつつあるので、購入したい人は販売情報を頻繁に確認しよう。なお、こちらの抽選応募は終了していますが、ほかの店舗で実施している可能性もあるので、下記記事などもチェック!

 マイクロソフトがActivision Blizzardを買収についての記事が7位に。買収が完了すると、『ディアブロ』や『オーバーウォッチ』シリーズのBlizzard Entertainment、『コール オブ デューティー』(『CoD』)シリーズのInfinity Ward、Sledgehammer Games、Treyarchなどがマイクロソフトの傘下に入ることになります。これにより人気ゲーム作品にどんな影響がでるのか注目です。

 9位には『遊戯王 マスターデュエル』配信開始の記事がランクイン。10000種類以上のカードが収録されており、原作カードゲームと同様に自分好みのデッキを作って、世界中のプレイヤーと本格的なデュエルを楽しめる本作は、多くのデュエリストに注目を浴びました。『遊戯王 ゼアル』のエクシーズ召喚で時が止まっている筆者も絶賛プレイ中ですが、ソロモードで最新の召喚方法“リンク召喚”を勉強できるので、初心者や復帰者でも存分に楽しめます。(使用デッキ:閃刀姫)

ぺこらの桶欲しいけど、生ニンジンどうする……?

 ランキングとは別に筆者が気になった記事はこちら。

 2022年1月27日より、Vtuberグループ“ホロライブ”と極楽湯 RAKU SPAとのコラボが実施。本コラボでは、兎田ぺこら、潤羽るしあ、宝鐘マリン、不知火フレア、白銀ノエルら3期生の風呂上り浴衣姿の描き下ろしグッズ販売など、ファン必見のコラボとなっています。

 中でも目を引くのは、コラボフードメニューのひとつ“ウケ狙いじゃないよっ(ハート)桶人参(ハート)”。生にんじん数本がそのまま桶にぶち込まれているという、明らかにウケしか狙ってない商品です。メニュー名いわく、ウケ狙いではないらしいですが……。


【週間PVランキング】PS5抽選販売情報が首位。ちいかわ一番くじ、『遊戯王 マスターデュエル』リリース、『TERA』サービス終了にも注目が集まる

※画像は公式サイトより引用しています。

 ぺこらのサイン入り桶はなんとしても入手したいところですが、やはり立ちふさがるのは“にんじん”。救済措置として、にんじんスティックにして提供も可能とのことですが、食べやすくなっただけで、にんじんであることには変わりません。野うさぎのみなさんはがんばってにんじん食べましょう。


過去の週間PVランキングはこちら