矢野経済研究所が“玩具市場に関する調査”の結果を公開

0
129

玩具市場に関する調査を実施(2021年)〜2020年度はコロナ禍の巣ごもり需要を受けて、ジグソーパズル、模型・ホビー、アナログゲーム市場が急拡大〜
配信元 矢野経済研究所 配信日 2022/01/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

【矢野経済研究所プレスリリース】
玩具市場に関する調査を実施(2021年)
〜2020年度はコロナ禍の巣ごもり需要を受けて、ジグソーパズル、模型・ホビー、アナログゲーム市場が急拡大〜

 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の玩具市場を調査し、現況、玩具分野別や参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。

■1.市場概況
 2020年度の国内玩具市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比13.4%増の7,262億円、テレビゲームを除く主要8品目では同1.8%増の3,412億円と推計した。コロナ禍の巣ごもり需要を受け、ともに前年度を上回る結果となった。

 主要8品目においては、コロナ禍の巣ごもり需要を取り込んだ、ジグソーパズルが前年度比61.6%増、模型・ホビー市場が同16.0%増、アナログゲーム市場が同15.0%増と二桁増を記録した。12%程度のシェアを占める男児キャラクター・男児玩具市場は、前年度と傾向は変わっておらず、トレーディングカードゲームが引き続き好調に推移するなど一部の定番商品は健闘していたものの、目立ったヒット商品がなかったことから前年度実績を割る結果であった。

 テレビゲームを含めた主要9品目に関しては、巣ごもり需要を受けていることに加えて、新たなテレビゲーム用のハードウェアも投入されたことから、拡大した。

画像集#001のサムネイル/矢野経済研究所が“玩具市場に関する調査”の結果を公開

画像集#002のサムネイル/矢野経済研究所が“玩具市場に関する調査”の結果を公開

■2.注目トピック〜玩具業界も持続可能な社会実現に向け精力的に取り組む
 昨今、業界を問わず持続可能な経営を求められているが、玩具業界においても各社ともサステナビリティへの取り組みを精力的に行なっている。

 プラスチックごみの排出削減、再生材使用率向上、資源の再利用・リサイクルはもちろんのこと、玩具業界ならではの取り組みも行われている。玩具を使った「おもちゃアソビ」を通じて資源リサイクルを学ぶことが出来たり、使わなくなった玩具を下取りする仕組みを構築したりと、各社ともに主要顧客である子どもたちの未来のため、持続可能な社会実現に向けた取り組みを推進している。

■3.将来展望
 2021年度の国内玩具市場規模(メーカー国内出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比3.4%増の7,509億円、テレビゲームを除く主要8品目では同7.2%増の3,659億円を予測する。

 模型・ホビー市場においては、需要増が継続している。加えて、トレーディングカードゲーム市場が活況を呈しており、男児キャラクター・男児玩具市場を牽引するかたちで同市場も拡大するものと予測する。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2890

調査要綱
1.調査期間 2021年10月〜12月
2.調査対象 玩具・模型ホビー・テレビゲーム関連メーカー、卸問屋、小売事業者等
3.調査方法 当社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、電話・電子メールによるヒアリング調査、ならびに文献調査併用
4.発刊日 2021年12月28日

■お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/