【Hothotレビュー】これぞ理想の小型PC! 縦横10cmちょっとでかなり速い第11世代Core版Intel NUC –

0
38

Intel NUC 11 Performance Kit(NUC11PAQi7)

 開発コード名「Panther Canyon」こと「Intel NUC 11 Performance Kit」は、第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake」を搭載する新世代のIntel NUCだ。今回、同シリーズのCore i7-1165G7搭載モデル「NUC11PAQi7」を試す機会が得られたので、新世代NUCの機能や性能をチェックしてみた。

Tiger Lakeの採用でPCIe 4.0に対応した「NUC11PAQi7」

 NUC11PAQi7は、CPUにTiger Lakeベースの4コア8スレッドCPU「Core i7-1165G7」を搭載したベアボーンPC。GPUにはCPU内蔵の「Iris Xe Graphics」を採用しており、メモリとSSDを追加することでPCとして機能するベアボーンキット。筐体サイズは117×112×56mm(幅×奥行き×高さ)。

NUC11PAQi7。Intel NUC 11 Performance Kit(Panther Canyon)シリーズの上位モデルだ

本体のカラーリングは黒で統一されている

CPU-Z実行画面。4コア8スレッドCPUのCore i7-1165G7を搭載している

GPU-Z実行画面。CPU内蔵のIris Xe Graphicsが利用できる

NUC11PAQi7の外装

 前面パネルには、USB 3.1、Thunderbolt 3、ヘッドセット端子、電源スイッチを備えており、背面パネルにはHDMI 2.0a、Mini DisplayPort 1.4、Thunderbolt 3、 USB 3.1(2基)、電源入力端子を備える。また、左側面にはSDXCカードスロット(UHS-II対応)、右側面にはセキュリティスロットを備えている。

 充電マークがあしらわれた天板には、最大15W出力のワイヤレス充電器が内蔵されており、Qi対応端末を設置することで充電を行なうことができる。充電器が内蔵されている天板中央部分はゴムパッドは貼られており、充電中の端末の滑り止めとして機能する。

 NUC11PAQi7への電源供給は、付属の120W出力(19V/6.32A)対応ACアダプタで行なう。ACアダプタのサイズは140×74×20mm(同)の薄型仕様だが、NUC本体と並べると大きく見える。

NUC11PAQi7付属のACアダプタ。120W出力(19V/6.32A)が可能な薄型タイプ

ACアダプタのサイズは140×74×20mm(幅×奥行き×高さ)の薄型仕様。NUC本体と並べると大きく見える

Tiger Lake搭載NUCの性能をベンチマークテストでチェック

 NUC11PAQi7が実現する性能を確認するため、いくつかのベンチマークテストを実行してみた。テストにさいして、NUC11PAQi7には、DDR4-3200動作の16GBメモリ2枚と、PCIe 4.0対応SSD「Samsung SSD 980 PRO(512GB)」を搭載した。そのほかの条件などについては以下の表のとおり。

【表】テスト機材一覧
Intel NUC11PAQi7
CPU Core i7-1165G7
iGPU Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
メモリ DDR4-3200 32GB(16GB×2)
ストレージ Samsung 980 PRO 512GB(PCIe 4.0 x4)
グラフィックスドライバ 27.20.100.8729 DCH
OS Windows 10 Home(Ver 2004 / build 19041.804)
電源プラン バランス
室温 約24℃

 ベンチマーク結果をみると、Core i7-1165G7の性能は4コア8スレッドCPUとしてはかなり優秀なもので、Cinebench R23では、デスクトップ向けの4コア8スレッドCPUに引けを取らないスコアを記録している。

 GPUベンチマークの結果についても、CPU内蔵GPUとしてはかなり優秀な性能を発揮している。フルHDの最高品質設定で実行した「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」で、「やや快適」の評価を獲得できるスコア「3,454」を記録していることからもわかるように、GPU性能的には軽量なゲームをプレイできるレベルにある。

Blender Benchmark(v2.91.2)

PCMark 10 Extended(v2.1.2508)

3DMark v2.17.7137「Time Spy」

3DMark v2.17.7137「Fire Strike」

3DMark v2.17.7137「Wild Life」

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク

モニタリングデータから動作温度や消費電力をチェック

 モニタリングソフト「HWiNFO」で取得した、Cinebench R23でCPU(Multi Core)実行中のモニタリングデータをまとめたものが以下のグラフだ。

 Core i7-1165G7は、テスト開始から3分弱の間は55W弱の電力を消費しながら約4.1GHzで動作しており、それ以降は40W前後の電力を消費して3.7~3.8GHz程度で動作している。

 ピークCPU温度は97℃に達しているが、ブースト動作が緩められたテスト中盤以降は80℃前後で推移している。CPUクーラーのファンスピードは最大で4,400rpmに達しており、アイドル動作時の約2,100rpmが静かな分、最大負荷時の動作音はそれなりに大きく感じられた。

Cinebench R23「CPU(Multi Core)」実行中のモニタリングデータ

 ワットチェッカー「RS-BTWATTCH2」を使って測定した、NUC11PAQi7のアイドル時消費電力と、ベンチマーク実行中のピーク消費電力をまとめたものが以下のグラフだ。

 モバイル向けCPUを使用しているだけあって、アイドル時消費電力は6.2Wと低い数値を記録した。一方、もっとも消費電力が高かったのはCinebench R23のCPU(Multi Core)実行中で80.4Wだった。

システムの消費電力

Tiger Lakeの搭載でよりパワフルになった新世代NUC

 NUC11PAQi7は、NUCならではのコンパクトな筐体サイズと省電力性はそのままに、搭載CPUであるCore i7-1165G7の優れた性能を利用できるパワフルなミニPCだ。いざというときに高いCPU性能を引き出せるだけでなく、シングルスレッド性能にも優れたCPUとPCIe 4.0 SSDの組み合わせにより、操作に対するレスポンスに優れた軽快な動作を実現している。

 Tiger Lakeの採用でよりパワフルになったNUC 11 Performance Kitは、多くのユーザーに「これで十分」な性能を、より小さく、より省電力で提供するベアーボーンPCだ。国内で発売されれば、省スペースなPCの新調や、古くなったデスクトップPCの買い替えを考えているユーザーにとって、有力な選択肢となるだろう。



著者: " -- pc.watch.impress.co.jp "