日本発ゲーミングブランド『REJECT』、ジャフコ グループ、Z Venture Capital等から総額約3.6億円のシリーズA資金調達を実施|株式会社REJECTのプレスリリース

0
47
日本発ゲーミングブランド『REJECT』、ジャフコ グループ、Z Venture Capital等から総額約3.6億円のシリーズA資金調達を実施|株式会社REJECTのプレスリリース

■資金調達概要

 

この度シリーズAラウンドとして、ジャフコ グループ、Z Venture Capital、East Venturesの各社が運営する投資事業有限責任組合等及びAGキャピタルを引受先とする第三者割当増資により総額約3.6億円の資金調達を実施しました。これにより当社の累計資金調達額は約4.1億円となります。

■資金調達の目的と今後の展開

当社はeスポーツチームの運営を中心とする日本初ゲーミングブランド「REJECT」を展開しています。今回調達した資金は、以下の領域を中心に充当し「REJECT」の展開を加速してまいります。

①トレーニング環境投資

プロeスポーツチームとして、世界一を目指す選手にとって最高の環境を提供できるよう、引き続きゲーミングベースの運営や選手、コーチ、アナリストの積極的な獲得、独自のデータ分析の導入などを進めて参ります。

②新規事業開発

今日では多くの教育機関がeスポーツ関連の学科を新設しておりますが、eスポーツ業界に精通した教育者不足を痛感しています。これからの日本のeスポーツ産業を支えるプロ選手を始めとするeスポーツ人材を輩出するべく、eスポーツ業界の第一線で活動する企業として教育事業への本格参入を予定しています。

③ライフスタイルブランド事業

日本発のゲーミングブランドとして、映像制作やSNS、アパレルのクリエイティブの強化とそれに伴う採用を進めて参ります。

■代表コメント

株式会社REJECT 代表取締役社長 甲山翔也
この度、総額3.6億円のシリーズA資金調達を実施しました。日本を代表するベンチャーキャピタルの皆様にREJECTが目指す世界観に共感いただき、REJECTの未来を信じていただき、株主として参画していただけることを非常に嬉しく思います。今回の資金調達に併せて社名をこれまでチーム名として掲げてきた「REJECT」に変更しました。日本のゲームへのマイナスなイメージを「払拭(=REJECT)」するゲーミングブランドとして、急成長中のeスポーツ業界を牽引し産業化することに全社をあげてコミットしてまいります。

■本ラウンド投資家からのコメント

ジャフコ グループ株式会社 ( https://www.jafco.co.jp/ )

左からジャフコ グループ パートナー 佐藤直樹様、当社代表甲山、ジャフコ グループ プリンシパル 渡辺正人様左からジャフコ グループ パートナー 佐藤直樹様、当社代表甲山、ジャフコ グループ プリンシパル 渡辺正人様

パートナー 佐藤 直樹様
甲山社長の「世界に通用するeスポーツチームの運営を通じて日本のeスポーツ業界の産業化を実現したい」という熱い想いが込められたコメントがいまだに強く印象に残っております。短期間で世界に通用する強豪eスポーツチームを作り上げた実行力、強豪選手が集結し、持続的に強化・育成が出来るチーム運営能力、チームのポジショニング、本格的なマネタイズの可能性及びポテンシャルが魅力的と考え投資を決断、今回リード投資家として参画させて頂きました。弊社にとりましても今回の投資はeスポーツセクターにおける初の本格的な投資となり、チャレンジングな取組となりますが、REJECTの企業価値の極大化、その先の甲山社長の熱い想いの実現に全力でコミットします。

Z Venture Capital株式会社 ( https://zvc.vc/ )

左からZ Venture Capital アソシエイト 山下純平様、当社代表甲山、Z Venture Capital 代表取締役社長 堀新一郎様左からZ Venture Capital アソシエイト 山下純平様、当社代表甲山、Z Venture Capital 代表取締役社長 堀新一郎様

代表取締役社長 堀 新一郎様
今回、Z Venture CapitalからREJECTへ投資を行った理由は3つあります。
一つ目はこれからeSports市場は今後も成長を続け、巨大市場となると考えており、弊社としても非常に注目している点です。
二つ目は、甲山社長率いるREJECTは所属選手の皆さんも含めてチームが非常に優秀で、世界と戦って実績を残せている点です。日本からグローバルに活躍する企業を、Zホールディングスのアセットを活かして支援していきます。
そして三つ目は僕と担当の山下さんがゲーム大好きというところです。世界大会で優勝できる日を目指して、全力で応援してまいります。

East Ventures ( https://east.vc/ )

左からEast Ventures パートナー 金子剛士様、当社代表甲山、East Ventures アソシエイト 福海道登様左からEast Ventures パートナー 金子剛士様、当社代表甲山、East Ventures アソシエイト 福海道登様

アソシエイト 福海 道登様
甲山社長は巻き込み力に特に優れた経営者だと感じています。「日本のゲーム・eスポーツに対するマイナスなイメージを払拭する」「所詮ゲームとは言わせない」そんな強いメッセージが込められた『REJECT』は、設立からわずか2年半で日本を代表するトップチームへと成長し、甲山社長の熱い想いが伝染していくかのように多くの人を巻き込み急成長しています。私もそんなREJECTの世界観に巻き込まれた一人として、REJECTと日本のeスポーツの未来を信じ、全力でコミットさせていただきます。企業としての成長はもちろんのこと、世界一の喜びを多くの方々と共に分かち合える日を楽しみにしています。#RCWIN

AGキャピタル株式会社 ( https://nf-partners.co.jp/ )

左から当社代表甲山、AGキャピタル 投資管理部長 羽生広様左から当社代表甲山、AGキャピタル 投資管理部長 羽生広様

投資管理部長 羽生 広様
初めてお会いした時から甲山社長は強いチーム作りを通して「eスポーツ界の紳士」たる人材育成をされていると感じ、REJECTはこの業界の発展に欠かせない存在と確信しました。この度、REJECTに株主として支援させ頂く機会を持ち、大変光栄です。スマホネイティブ世代が文化・経済の主流になるなかでeスポーツの成長は約束された未来です。またそれはECやオンライン決済、投げ銭といった金融消費行動と一緒に成長するはずです。AGキャピタルはREJECTと共にeスポーツ界の発展にプリペイドカード等の金融サービスを通してコミットして参ります。

■REJECTについて

2018年発足のプロeスポーツチーム。世界的に人気なシューティングゲームを中心に9タイトルに渡り部門を保有。特にモバイルシューティングゲームの領域において日本トップの実績を誇り、PUBG MOBILE部門は同タイトル最多となる6度の世界大会出場経験を誇る。公式Webサイト:https://reject.jp/

■採用情報

当社では各業種にて採用を積極的に実施しております。下記URLよりご応募ください。
▼アートディレクター
https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-287402-2-1-1/
▼新規事業開発・プロジェクトマネージャー
https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-287402-3-3-1/
▼その他オープンポジション
https://www.wantedly.com/companies/company_2367751

■会社概要

商号:株式会社REJECT

所在地:東京都港区六本木四丁目2番45号

設立:2018年12月3日

代表者:甲山 翔也

■本件に関するお問い合わせ

担当:佐野優美

メールアドレス:contact(at)reject.co.jp