ウルトラワイド液晶でのプレイに感動! MMORPG「LOST | ニコニコニュース

【元記事をASCII.jpで読む】

 ゲームオンが運営するMMORPG「LOST ARK(ロストアーク)」。YouTubeやテレビで放送されたCMがバズり、かなり話題になったため、どんな作品なのか気になっている人も多いのではないだろうか。

 LOST ARKは、見下ろし視点のクォータービューを採用し、昔からおなじみのMMORPGの体験が可能なのに加え、「シネマティックダンジョン」と呼ばれる、シーンごとに視点が切り替わり、映画のような臨場感のある映像が楽しめるなど、懐かしさを残しつつ新たな試みにも挑戦している作品なのが魅力だ。

 加えて、物語がしっかりと作り込まれているので、最初は1人で始めてもストーリーを追いながらキャラクターを成長させていけるので、「最初からパーティーを組まないと厳しいのかな?」とプレイを思いとどまっているのであれば、ぜひ気軽に始めてみてほしい。

 もちろん、キャラクターを育てていけば、やり込み要素がグッと広がり、生活コンテンツや航海などもできるようになるほか、武器を強くするためのコンテンツなども多岐にわたっているので、遊べば遊ぶほどコンテンツの充実度は広がっていく。

 私も仕事終わりや休みの日に少しずつプレイしており、最初から膨大だと色々と覚えることが多すぎて(特に仕事終わりに遊ぶ場合は)疲れてしまうが、本作の場合は基本操作ややるべきことをある程度把握してからコンテンツが徐々に増えていくので、いい塩梅でやることが増えていくなという印象を受けた。

 もちろん、友達と初めてギルドを創設するのもありだし、これから始めるのであれば、すでにレベルの高い先人たちのギルドに入れてもらって、アドバイスをもらいながら一緒にプレイしていくのもあり。会ったこともない人とゲーム上で仲良くなれるのは、昔からMMORPGの醍醐味といっていいだろう。

 また、パーティーを組めるようになってからは、さらに遊べるコンテンツは広がり、難易度の高い「カオスダンジョン」「アビスダンジョン」や、強力なボスと戦う「アビスレイド」「ガーディアンレイド」、ギルドごとに実力を競う「ギルド対戦」や「要塞戦」、「討伐戦」などにも挑戦できるようになる。ギルドは結構募集がかかっており、中には「初心者歓迎!」なんてギルドもあると思うので、思い切って声をかけてみよう。きっと快く歓迎してくれるはずだ。

どんな環境なら快適に「LOST ARK」がプレイできる? 迷ったときは推奨モデルをチェックしよう

 これから始めても、存分に楽しめるLOST ARKだが、最初にハードルとなるのが、快適に遊べるパソコンだ。ゲームをするパソコンは、仕事などで使うパソコンよりは高い性能が必要になる。特にGPUが重要で、スタンダードなマシンはCPUに内蔵されているGPUを使用することが多いのだが、ゲーミングマシンの場合は、別途ビデオカードを搭載しているモデルがほとんどだ。

 とはいえ、パソコンにそこまで詳しくないと、GPUと言われてもよくわからないだろう。しかし、LOST ARKには、「推奨パソコン」と呼ばれるマシンが用意してある。推奨パソコンとは、ゲームメーカーが動作確認を実施し、快適に遊べることが確認できたモデルのことを指す。そのため、推奨パソコンを購入しておけば、性能について何も考えずに目的のタイトルがプレイできるというわけだ。

 LOST ARKの公式サイトには、「必要動作環境」と「推奨動作環境」が明記されている。必要動作環境は「これくらいの性能があればしっかり動作しますよ」という基準で、推奨動作環境は「これくらいの性能があれば快適にプレイできますよ」という基準になる。詳細は以下のとおり。

 ちなみに、推奨パソコンはすべてこの推奨動作環境をクリアした(解像度がフルHDの場合)スペックを備えているので、どのモデルを購入してもLOST ARKをフルHDでプレイする場合は問題なく快適に遊ぶことが可能だ。

 加えて、推奨パソコンには購入特典として、LOST ARKをプレイするときに役立つゲーム内アイテムがゲットできるアイテムコードが付属する。アイテムコードをコチラから入力すれば、青、赤、白、金の中から1種類のヨウコリン(アイテムを自動収集してくれるペット)を選択してゲットできる「ヨウコリンペット選択箱」に加え、冒険に役立つアイテム「クリスタル×500個」「回復バトルアイテム箱×5個」「機能性バトルアイテム箱×5個」「攻撃バトルアイテム箱×5個」が手に入る。

 推奨パソコンを用意しているパソコンメーカーとゲーミングパソコンブランドは、マウスコンピューターの「G-Tune」、ツクモの「G-GEAR」、ユニットコムの「LEVEL∞」。本稿公開時点でG-Tuneはゲーミングノート、G-GEARはゲーミングデスクトップ、LVELE∞はデスクトップとノート両方を用意している。

 まず前提として、推奨パソコンなのでどのモデルを選択してもフルHDであればLOST ARKは快適に遊べる。あとは、持ち運んで遊びたい場合はノートを、ゲーミングデスクを構築してどっしりディスプレーの前で遊びたい場合はデスクトップを選択するといい。

 さらに、価格が上がればその分性能もあがる。LOST ARKをフルHD以上の解像度で楽しみたい場合は、ハイスペックなモデルを選択するといいだろう。加えて、ハイスペックなモデルであれば、フルHDでの実況配信や動画編集といった作業も可能なため、できることの幅は広がる。

 今回は、価格を抑えてLOST ARKをフルHDで存分に楽しめるモデルと、LOST ARKをWQHDや4Kでも楽しめる高性能マシンを、ノートとデスクトップで1機種ずつピックアップして紹介しよう。

ノートはお手頃価格でLOST ARKがしっかり遊べるモデルと、使い方の幅広がる高性能モデルを用意

 ノート型は、G-Tuneの「G-Tune P5」と、LEVEL∞の「LEVEL-15FXR21-i7-ROXX」の2機種。どちらも15.6型だが、価格とスペックは異なる。それぞれの主なスペックは以下のとおり。

G-Tune P5

CPU:Core i7-10750H
グラフィックス:GeForce GTX 1650
メモリー:16GB(8GB×2)
ストレージ:256GB SSD ディスプレー:15.6型(1920×1080ドット)
サイズ/重量:およそ幅359.5×奥行238×高さ22.8mm/約2.02kg
価格:10万9800円(税別、12月24日現在、1月6日11時までの特別価格)

LEVEL-15FXR21-i7-ROXX

CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリー:16GB(8GB×2)
ストレージ:500GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー:15.6型(1920×1080ドット)、144Hz
サイズ/重量:およそ幅364×奥行258×高さ34.2mm/約2.26kg
価格:14万980円(税別、12月24日現在)

 G-Tune P5は、税別10万円台で購入できるリーズナブルな価格かつLOST ARKがしっかり遊べる性能を持っているのが魅力のモデル。今回は、推奨パソコンの指標として、このモデルで実際にLOST ARKをプレイしてみたが、人の多い街中、モンスターの多い街の外どちらも快適にプレイできた。また、MMORPGの場合通信環境も重要になるが、本機は有線LAN端子を備えるほか、Wi-Fi 6にも対応しているので、対応の無線LANルーターを利用すれば、有線はもちろん、無線でも快適にプレイ可能となっている。

 LEVEL-15FXR21-i7-ROXXは、G-Tune P5より高額だがその分性能も高く、LOST ARKを別途高解像度のディスプレーと接続して遊びたいといった用途にも対応できる。また、ストレージも500GBなので、LOST ARKをプレイしながら仕事で使うメインマシンとして併用したり、LOST ARKに加えてあと何タイトルかを同時に遊びたいというときも問題なしだ。

お手頃価格で買えるデスクトップ2機種をチェック

 デスクトップパソコンは、LEVEL∞とG-GEARを合わせると7機種ラインアップされている。ここでは、LOST ARKを快適に遊ぶためのスペックを備え価格を抑えたLEVEL∞のミニタワー「LEVEL-M0B4-R53-RJS」と、LOST ARKをWQHDや4Kでも楽しみたいという人にオススメな「G-GEAR 『LOST ARK』推奨パソコン | プレミアムモデル」を紹介したい。主なスペックは以下のとおり。

LEVEL-M046-iX4-RJS-LA

CPU:Core i5-10400
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER
メモリー:16GB(8GB×2)
ストレージ:480GB SSD
内蔵ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
ケースサイズ:ミニタワー
サイズ:およそ幅190×奥行410×高さ356m 価格:9万2890円(税別、12月24日現在)

G-GEAR 『LOST ARK』推奨パソコン | プレミアムモデル

CPU:Core i7-10700K
グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリー:16GB
ストレージ:500GB SSD
内蔵ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
ケースサイズ:ミドルタワー
サイズ:およそ幅190×奥行475×高さ435mm 価格:20万6580円(税込、12月24日現在)

 なお、いずれもBTOパソコンなので、購入時にメモリーやストレージを強化して注文することも可能。ゲームプレイに加え普段作業用としても併用したい場合は、ストレージ容量を増やしておいたり、写真・動画編集も快適にこなしたいのであればメモリーを強化しておくといいだろう。そのほかのモデルについては、こちらに掲載されているので、気になる人はチェックしてみてほしい。

ウルトラワイドのド迫力!
LOST ARKはこのディスプレーで遊べ!

 MMORPGにおいて、パソコンの次に重要なのがディスプレー。より高精細な映像が楽しめる、高解像度なディスプレーをオススメしたい。

 LOST ARKでは、ディスプレーでも推奨モデルを用意している。ウルトラワイドで2560×1080ドットの34型ディスプレー「34GL750-B」、4K解像度を採用する27型「27UL650-W」、WQHDを採用する27型「27GL83A-B」の3機種だ。主な特徴は以下のとおり。

27GL83A-B

ディスプレーサイズ:27型
解像度:2560×1440ドット
パネル:IPSパネル(ハーフグレア)、sRGB99%(標準値)カバー
リフレッシュレート:144Hz
FreeSync対応
G-SYNC Compatible対応
HDR 10
サイズ:およそ幅614×奥行274×高さ465~575mm
価格:5万900円前後

27UL650-W

ディスプレーサイズ:27型
解像度:3840×2160ドット
パネル:IPSパネル(ノングレア)、sRGB99%(標準値)カバー
リフレッシュレート:144Hz
HDR 10、HDR 400
サイズ:およそ幅613×奥行230×高さ457~567mm
価格:5万2200円前後

34GL750-B

ディスプレーサイズ:34型
解像度:2560×1080ドット(21:9)
パネル:IPSパネル(ハーフグレア)、sRGB99%(標準値)カバー
リフレッシュレート:144Hz
FreeSync対応
G-SYNC Compatible対応
HDR 10
サイズ:およそ幅820×奥行280×高さ455~565mm
価格:6万1200円前後

 いずれの機種も144Hzに対応しているため、60Hz対応のディスプレーと比べるとよりヌルヌルな映像でゲームが楽しめる。加えて、いずれもHDR 10に対応するほか、27UL650-WはHDR 400にも対応しているため、白黒のメリハリがはっきりとした美しい映像が堪能できる。そのほかいずれも3辺狭額ベゼルを採用しているので、没入感も高い。先述したとおり、解像度によって推奨スペックが変わるため、パソコンの性能と合わせて最適な1機種を選択するといいだろう。

 個人的に一番オススメなのが、ウルトラワイドディスプレーの34GL750-B。LOST ARKはウルトラワイド表示に対応しているので、横長の圧倒的没入感のなかゲームプレイが可能。加えて、表示領域が広いので、ボス戦中に湧く通常モンスターの位置なども把握しやすいほか、PvP戦などでも立ち回りやすくなる。

 幅がおよそ820mmとかなり長いので、置く場所はしっかりと確保してから購入したほうがいいが、それさえ解決してしまえば、ド迫力の画面でLOST ARKが堪能できる。

実はゲームパッドでのプレイが超快適!
ロジクールの推奨ゲームパッドもチェック

 最後に紹介したい推奨モデルは、ゲームパッドだ。MMORPGの場合、数多くのスキルを放ったり、メニュー画面を開いての操作が多いので、タイトルによっては自分で最適な割り当てを模索しなくてはいけない場合もあるが、LOST ARKの場合は、ゲームパッドでも初めから簡単に操作できるように、ゲームパッド用の設定がしっかりと作り込まれている。

 例えば、クラスによってさまざまなスキルが用意されているが、こちらはゲームパッドのL1・L2と、〇□△×(ABXY)ボタンを組み合わせた操作で簡単に繰り出せるようになっている。加えて、アイテムの使用はL1・L2と〇□△×ボタンの組み合わせで使用できる。なお、通常攻撃は×ボタンとなっている。

 そのほか、十字キー下で乗り物の乗り降り、左スティック押し込みで物を拾うことが可能。1点だけ気になったのは、右スティック押し込みが決定ボタンとなっている点。〇□△×ボタンのいずれかに決定ボタンがあるのかなと思っていら、右スティック押し込みだったので、ここだけは少し慣れが必要かもしれないが、30分もコントローラーで操作していたらとくに気にならなくなった。

 マウス操作の場合、カーソルを移動してクリックすることで移動となるが、ゲームパッドの場合は左スティックの操作で移動ができるため、マウス・キーボードが得意ではないという人も簡単に操作できるのも特徴。

 加えて、今回お借りしたロジクールの推奨ゲームパッド「F310ゲームパッド」は、接続していてもゲームパッドとマウス、キーボード操作が両立可能だったので、はじめのうちはキャラクターの操作はゲームパッドで、マップやアイテムの操作はマウス・キーボードといった使い分けも可能だ。

 F310ゲームパッドは、価格も2310円とお手頃なので、LOST ARKをゲームパッドで楽しみたいという人は、ぜひ検討してみてほしい。

推奨モデルを試用して、より快適にLOST ARKを楽しもう!

 LOST ARKは、昔MMORPGをプレイしていて、久々に遊んでみようかなというサラリーマンゲーマーも、MMORPGに触ったことがなくて始めてみたいというヤングゲーマーまで、幅広い人にオススメできる、懐かしくも新しいタイトルになっている。私も多忙でなかなかログインできていなかったが、年末年始の休みを利用して、とりあえずメインキャラをレベル50まで上げたいなと考えている。

 もし、プレイするためのデバイスで困っているのであれば、推奨モデルを検討してみてほしい。LOST ARKを運営するゲームオンのお墨付きデバイスなので、どれを選択しても快適に本作がプレイできるのは間違いない。あとは、予算やどのような環境でゲームを楽しみたいか次第だ。推奨モデルで快適にLOST ARKの世界に飛び込んでみてはいかがだろうか。

© Smilegate RPG, Inc. All rights reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

ウルトラワイド液晶でのプレイに感動! MMORPG「LOST ARK」快適プレイにオススメの推奨PC/ディスプレー/ゲームパッドをチェック

Related Articles

新作・事前登録中のiPhone/Android向け...

新作スマホゲームアプリ リリースされたばかりの最...

ゲーミングパパ活と評される「GameRoom」の「...

11月1日にβ版がリリースされたばかりの「G...

『リネージュ2 レボリューション 』踊って騒げ!史...

[ネットマーブル]  ネットマー...

BLEACHの新作MMORPGがクソゲーすぎると話...

もくじ 00:00 BLEACHの新作MMOR...